開智小学校・さとえ学園小学校・星野学園小学校・暁星小学校受験

代表からのご挨拶

平成19年12月1日、この日、ウエルストリームは開校5周年を迎えました。

ここ最近
「まだ始まってから5年しかたっていないのに素晴らしい実績ですね。」
「どうしてこんなに合格率が良いのですか。」
-このような質問をよく受けます。

思えば、平成15年11月、年長卒業生(1期生)はわずか6人でした。6人全員に対して最大限の愛情を傾け、時には厳しく指導し、時には優しく励まし、ともに歩んだ日々でした。そして、結果はもちろん全員合格。全員合格の報を受け、私自身も感極まって、両目から涙が溢れ出ていました。本当に嬉しかったです。「とことん頑張らせて良かった。」「御父母様の熱い信頼に応えられた。」「生徒達の幸せが私の幸せ。」「このウエルストリームを開校して良かった。」など様々な思いが去来しました。この喜びの日を生徒達・御父母様とともに迎えるために私は「熱き思い」でウエルストリームを開校したのですから。今でも1期生一人一人の幸せいっぱいで晴れ晴れした表情がつい昨日のことのように思い出されます。

そして、5年目の平成19年、遠くは熊谷市在住の方から地元の方まで幅広くご支持をいただき、11月年長卒業生(5期生)は25人でした。塾生数が何人増えたとしても一人一人の生徒にとっては一生に一回の小学校受験であり、文字通り「真剣勝負」です。生徒・御父母の信頼と期待を一人として裏切るわけにはいきません。「卒業生が20人もいれば何人かはこぼれてもしかたがない。」と他のお受験教室の室長先生が真顔で語っていましたが、そんなこと、私は決して思いません。1期生同様絶対に全員合格させてやりたいのです。まだ年端もいかない6歳の生徒達が合格するために必死に頑張っているのです、そして、御父母の皆様には週2~3回も遠くから送迎して頂いているのですから。

平成19年夏、ウエルストリーム名物のロングラン夏期講習会がスタートしました。ほとんどの塾生はお盆休み等を除く22日間毎日通ってきました。熱く、長い戦いを彼らは立派にのりきったのです。ほとんど全員の生徒が「大変だったけれどすごく楽しかった。」と語っています。そうなんです。「勉強」=「向上すること」は本来楽しいことなのです。「今まで知らなかったことが、今は知っている。」「今まで出来なかったことが、今は出来る。」人間には生まれつき向上心が備わっているので、このように楽しさや幸せを感じるのです

たくさん合格するからといってウエルストリームは決してスパルタ塾ではありません。目標に向かって必死になって努力することを大切に考え、それを最大限尊重する校風を持つ受験教室なのです。これは受験教室なら当たり前のことです。ウエルストリームは当たり前のことを当たり前にやっているだけです。あるご父母様から「井澤先生は身体をはって生徒を教えている。」とのことでしたが、私には過ぎたお言葉です。
生徒全員を合格させてあげたいから、生徒のみんなが大好きだから、毎年必死になってやっているのです。こうして、熱く、長く、思い出に残る充実した夏期講習会が終了しました。

そして、9月に入り、いよいよ試験直前期間になりました。きちんと毎回毎回復習してきた生徒達はみるみるうちに実力をつけていきました。入塾時、あんなに頼りなさそうに見えた生徒達が夏を境に立派に成長しているのです。誰がなんと言おうと実力をつけ、全員合格させる。-クラスの雰囲気も本当にその通りになってきました。

10月にはいると生徒達本人よりお母様方のほうが浮き足だってきました。
「全部落ちたら、どうしよう?会わせる顔がない・・・」-そんな取り越し苦労をするより、お子様を信じて「お子様が試験の日に実力を発揮するため精神的にも肉体的にもクライマックスになるよう配慮する。」のが親としてできる最大のサポートです。お子様に代わってお母様は受験できないのですから。
また、この時期毎年「あること、ないこと、とんでもない噂」が世間に流れますが、「噂に翻弄されず、親として今やるべきことしっかりやる。」のが一番です。

そして、ついに待ちに待った試験日。ウエルストリーム生は星野・開智・さとえで立派に戦ったとのことです。
試験日翌日生徒達が口々に
「先生!問題易しかったよ~!」
「塾でやった問題のほうが難しかったよ!」
「同じ問題が出たよ!」
と言ってきてくれました。
まさにねらい通りでした。塾では意図的に星野・開智・さとえの本番より難しい問題をやっていたのです。
そうすれば、試験場で初めて見る問題でも臆することなく、その場でじっくり考えるからです。
普段やっている練習が難しいので本番が易しく見えるーだから全員合格できたのです。
ちなみに、私たちは星野・開智・さとえの問題を今年もいくつか当てました。それは決して裏情報があるのではなく、それぞれの学園の考え方、求める生徒像、中学受験の入試傾向等を受験のプロが子細に検討し、分析すれば何割かは当てられるものだからです。

平成19年10月18日、開智小学校発表の日。朝9:55からパソコンの前で待機。(開智はインターネットでも合格発表します。)
10:00ちょうどに開智小学校(総合部)のindexページに合格発表の文字がでました。早速開くと那須野校長先生直筆の「君が開智です。」のお言葉と合格者の受験番号一覧表。高鳴る胸の鼓動を抑えつつ塾生の番号をチェック。
ウエルストリーム生の受験番号が・・・・次々と合格、合格、合格。
「やった・・・・!」胸の奥底からジーンときました。生徒ひとりひとりの顔が浮かんできて、心の中でひとりひとりに「おめでとう!、よかったね。」「みんな頑張ったからね。」「必ず合格する、と言った通りでしょう!」と声をかけていました。感動とともにこの1年間のいろいろな思い出がよみがえってきます。今年もいろいろあったけれど、結局合格です。
こうして「精一杯やってきて本当に良かった。」と思える日がやって来るから、人は頑張れるのです。

感動、興奮の中、御父母様から次々と電話が入りだしました。
御父母様:「有り難うございます。おかげさまで開智に合格できました。」
私:「おめでとうございます。本当に良かったです!」
御父母様:「先生方のおかげです。」
私:「いやぁ~、ご本人がよく頑張って勉強してきたからですよ。それにお母さまもよく御子様を支えていらっしゃったからです。お子様とお母さまの二人三脚のお手柄ですよ。」

さとえ学園小も今年からインターネットと郵送の併用です。生徒達の受験番号と生年月日を入力すると結果が表示されます。
嬉しい電話が次々とかかってきました。

平成19年秋、ウエルストリーム5期生の受験結果は

開智小学校(総合部) 14名受験中12名合格。
不合格の2名中1名はその後第1志望の淑徳小学校に合格しました。

さとえ学園小学校 16名受験中16名合格。
全員合格!

星野学園小学校 12名受験中9名合格。
不合格の3名全員が第1志望のさとえ学園小学校に合格しました。

そして、都区内名門小学校でもウエルストリームの生徒達は今年も大健闘しました。
青山学院初等部 1名受験中1名合格!
暁星小学校 1名受験中1名合格! 昨年に引き続き2年連続合格!
「さいたまから暁星に行くなら、ウエルストリーム!」との声も・・・
淑徳小学校 1名受験中1名合格!

ちなみに、他のお受験教室で当然のように合格者数に含めている「講習だけの生徒」は
ウエルストリームでは含めません。正真正銘「平常授業に通塾していた生徒」だけです。
「嘘・大げさ(虚偽)」がないから、合格した生徒全員の氏名を教室内に掲示して、みんなでお祝いできるのです。

なぜ、これほど合格できるのでしょうか?
それは「絶対合格の信念」で生徒本人、御父母様、担当教師がともに最大限努力したからです。

こうして、ウエルストリーム5期生の小学校受験作戦も大成功のうちに終了しました。

ウエルストリームで精一杯努力した結果、6歳で栄冠を勝ち取った彼らですが、おそらく今後の人生においても努力を惜しまず、人生で出会う壁を自力で乗り越えていくことが出来ることと思います。

「目標→精一杯の努力→成功」-この成功体験が今後の彼らの人生をいっそう輝かせることでしょう。

さあ、次はお子様の番です。
まずは無料体験授業にお越し下さい。
「ウエルストリームで勉強するのが楽しい、塾のある日を楽しみにしている。」-こうなればお子様は既に「合格への第1歩」を踏み出しています。

「私たちウエルストリームはお子様を成長させ、志望校に合格させます。」-ご期待下さい!

名門私立小学校受験
EQ&英才教育 ウエルストリーム
代表 井澤 亨

お気軽にお問い合わせください TEL 048-651-6811

ご父母様の合格体験インタビュー

さとえ学園小学校合格 野本美和子様「1回の授業が30分を4コマ、 受験前の1年は週2回。 子どもを子供扱いしない教育が、さとえ学園小学校合格の決め手となりました。」→インタビュー記事はこちら


開智小学校合格 村田道子様「“圧倒的な勉強量”と “子どものやる気を引き出す授業”で、合格するだけでなく、 将来に向けた人格教育までお世話になりました。」→インタビュー記事はこちら

代表ブログ
PAGETOP
Copyright © ウエルストリーム All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.